フィンペシアの効果と注意点

最近、多くの抜け毛や薄毛で悩む人たちに注目されているのが、「フィンペシア」という薬です。
頭に直接つけて育毛や発毛を促進する薬はあるけれど、飲むだけで発毛効果を期待できる薬があれば!と思ったことのある人は多いのではないでしょうか?
それはまさにフィンペシア。
フィンペシアとは、いわゆる「飲む育毛剤」のようなもので、服用することによって、男性型脱毛症、つまりAGAの改善を図ることができます。
服用により、脱毛の進行を止め、育毛、発毛を促進する効果を期待できます。

日本では数年前に、プロペシアという薬品が男性型脱毛症改善薬として正式に認可され、皮膚科やクリニックなどで処方してもらうことができるようになりました。
服用して数か月で変化が出てくる人もいますが、人によって効果の表れ方はそれぞれで、個人差があります。
その後、フィンペシアがプロペシアの後にジェネリック薬品として発売され、成分、効能がプロペシアとほとんど変わらない薬品として登場するようになりました。
効果はほとんど変わらないが、料金はプロペシアの半分から3分の1と非常に安く、しばらく服用を続ける薬ですからお財布にも優しいといえます。

しかし、このフィンペシア、まだ日本では日本では認可されていない薬剤のため、代行業者などを通して、個人輸入などで手に入れるしかありません。
また、服用の際に何かトラブルがあったときには、自己責任であるということも覚えておく必要があります。
認可されている薬によって、副作用や何らかの問題が起きたとき、保険で治療費をまかなえる場合がありますが、フィンペシアの服用により何かあっても、認可されている薬と同じように対処することは難しくなるかもしれない、というリスクがあることを頭に入れておきましょう。

実際、フィンペシアの副作用はあるのでしょうか?
どんな薬でも、副作用が全くないものはありません。このフィンペシアに関しても、副作用が生じる場合もあります。
例えば、むくみや頭痛を訴える人もいるようですし、軽い吐き気、性欲の減退や精子の減少などもあげられますが、それにも個人差がありますし、必ずしも副作用が起きる、というわけではありません。
また、服用を始めて逆に抜け毛が増える、という人もまれにいますが、しばらくするとおさまるはずです。

このように、購入の際は副作用と効果の両方を検討しましょう。
また、料金も輸入代行業者によってそれぞれなので、いろいろな業者を比較してみるといいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*