AGAに効果のあるフィンペシア

フィンペシアは英語でつづると、Finpeciaと記載します。
プロペシアジェネリックとも呼ばれます。
フィンペシアの有効成分はフィナステリドであり、男性型脱毛症AGAの治療薬として知られているプロペシアのジェネリック薬を示しています。錠剤で飲むのではなく、液状で飲むタイプです。
フィナステリドを英語でつづると、Finasterideと記載します。

フィナステリドは男性ホルモンの働きを抑制することから、これまで前立腺肥大症を治療する成分として開発されてきました。
さらに脱毛症に効果があるのがわかったため、AGAの治療薬として用いられるようになってきました。
AGAにいたる要因としては、男性ホルモンのほか、ジヒドロテストステロン(DHT)が影響しているとされていて、フィナステリドを用いると、これらを抑制することができ、抜け毛を抑えることができます。
5αリダクターゼ(還元酵素)が変換されてDHTとなりますが、それを阻害する効能があります。
現在のところ、米国食品医薬品局(FDA)によって認可されており、60カ国以上で認可されている治療薬です。
フィナステリドを用いた治療薬としては、フィンペシア、プロペシア、フィンカー(fincar)、プロスカー(proscar)といったのがあります。

投与する患者によって異なりますが、3ヶ月から6ヶ月程度毎日投与することで効果が現れてくると解説されています。
フィンペシアにはフィナステリドが1mg、1日に1回、服用します。1mgが限度とされています。
ちなみにプロペシアにはフィナステリドが1mg、フィンカーやプロスカーにはフィナステリドが5mgが含まれています。
成分量を確認したほうが安全です。また、服用を中止してから1ヶ月間は献血してはいけません。

効果があるのは男性の成人のみで、女性への効果は認可されていません。製品に触ることも禁止されています。
妊娠している、妊娠の可能性がある、授乳している、場合には絶対にフィナステリドを服用してはなりません。
また、肝機能障害があれば医師への相談が必要です。
副作用としては、食欲不振や肝機能障害になることがあります。その場合には医師へ相談しましょう。

フィンペシアには、例えばインドのCipla社製のものがあります。
Cipla社はインド製薬会社では第二位で、170カ国以上に輸出しています。売り上げ高は年間8億ドルほどあります。
しかし、現在のところインド国内向けだけが製造されており、インド国外向けは取り扱いがありません。
他の成分に関しては輸出も可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*